腰痛について

天王町ラクーン整体院

045-744-8076

〒240-0003 神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町2-42-27 ハマ56ルビ302

10:00~22:00(最終受付21:00) ※水曜日は17:00(最終受付16:00) 定休日 / 日曜日

lv

腰痛について

スタッフブログ

2017/09/15 腰痛について

皆さんこんにちは。

 

ということで今回から皆様のお体についての疑問に答えられるような記事を上げていこうかと思います。

まずは当院でもご相談の件数が多い「腰痛」についてです。

 

まずはちょっと数字的なお話なのですが、厚生労働省が発表している腰痛患者の数ですが、ここ数年で

1000万人超で推移しています。つまり、国民の約10人に1人は腰痛持ちということになります。

しかも日本の職場で起こるけがのうち、全体の60%を占めるのが腰痛だともいわれています。

さらに国民生活基礎調査の結果を見ると、普段感じる自覚症状でH19 H22 H25の3回の調査で3回とも男性は1位、

女性は2位が腰痛となっています。

こうなるともはや誰もがなる可能性があるといっても過言ではないと思います。

 

さて、その腰痛の原因ですが、実は全体の85%が「非特異的腰痛」と言われています。

この非特異的腰痛とは、レントゲン等の画像診断をしたうえで異常が認められない腰痛です。

つまり、腰が痛くてお医者さんに行ったけど異常がないといわれてしまう状態です。

そして残りの15%のうち1~2%が内蔵の病気や細菌感染などの内科的疾患によるもので、それ以外は

腰椎脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの器質的疾患によるものと言われています。

つまり、ほとんどの方の腰痛は病的な原因ではなく、筋肉の緊張によるものだといえます。

 

では、筋肉の緊張はどういった事で起こるのでしょうか。

まず、腰痛を持っている人の中で肩こりもある人は70%と言われています。

 

つまり、腰の筋肉が緊張している人は肩の筋肉も緊張していることがほとんどだということが言えます。

 

全身の筋肉はお互いに引っ張り合いながらバランスを保っています。

ところが、普段の姿勢が悪くなるとこのバランスが崩れてしまい、筋肉が緊張することになります。

つまり、”姿勢が悪くなる→骨格で身体を支えられない→しょうがないから筋肉で支える”ということになります。

そうなると支えるのに力を入れている筋肉は常に緊張していることになります。その緊張が筋肉の痛みに

つながっていきます。

 

つまり、非特異的腰痛については筋肉の緊張を和らげることが改善の第一歩ということになります。

 

しかしながら、当座の痛みをとるだけなら筋肉の緊張をとればいいので比較的早い段階で取れてきますが、

それだけではまた痛くなってしまうのも現実です。実際に整体に通ったことのある方なら

「行ってしばらくは良いんだけど、また痛くなるんだよね」といったことを経験されてると思います。

それは、姿勢が変わってないから緩んだ筋肉がまた緊張してしまっているからなんですね。

 

当院では筋肉の緊張をとる筋肉調整と姿勢を矯正していくための骨格矯正を施術の両輪と考え行っています。

また、筋肉の緊張は生活習慣や環境(飲酒や喫煙、ストレス)などによっても起こります。そういった部分での

改善のアドバイスもさせていただいていますので、気になることがあれば何でもご相談いただければと思います。

 

腰痛でお悩みの方はぜひ一度ご来院してみてください。

 

288410

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

天王町ラクーン整体院

【住所】
〒240-0003
神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町2-42-27
ハマ56ルビ302

【電話番号】
045-744-8076

【営業時間】
10:00~22:00(最終受付21:00)
※水曜日は17:00(最終受付16:00)

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP