足の裏の痛み ~足底腱膜炎~

天王町ラクーン整体院

045-744-8076

〒240-0003 神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町2-42-27 ハマ56ルビ302

10:00~22:00(最終受付21:00) ※水曜日は17:00(最終受付16:00) 定休日 / 日曜日

lv

足の裏の痛み ~足底腱膜炎~

スタッフブログ

2017/12/06 足の裏の痛み ~足底腱膜炎~

皆さんこんにちは。

今日からしばらくは気温も下がるようですね。気温が低くなると空気も乾燥し、風邪などをひきやすくなりますので、体調管理には気を付けてください。

 

今日は足の裏に痛みが出る、足底腱膜炎(足底筋膜炎)のお話です。

 

朝起きて一歩目を踏み出したときや、階段の上り下りの時、果ては普通に歩いていても足の裏が痛いという場合、足底腱膜炎が疑われます。

では、足底腱膜炎とはどういったものなのでしょうか。

 

まず、足底腱膜とはどういったものかというお話ですが、読んで字のごとく足底(足の裏)の腱膜です。下のイラストで足の骨の下にある部分がそうです。

 

463835

 

足底腱膜炎はこの足底腱膜に何らかの理由で負担がかかり、慢性的な炎症状態となり疼痛を発しているということになります。

負担の原因としては、体重増加や使い過ぎ、腱膜の加齢による変性などによるものが挙げられています。

 

この足底腱膜の主な役割としては足の裏の縦のアーチ、簡単に言うと土踏まずの維持です。

上のイラストの通りの付き方をしているので、この腱膜が正常であるならば足の裏が引っ張られてアーチ状になります。弦を張った弓の様な状態ですね。

ところがこの足底腱膜に負担が長期にわたって加わることにより、まるで古いゴムのように硬くなってしまい、痛みが出てしまうようです。

つまり、簡単に言ってしまえば、足の裏が硬くなるから痛みが出る。ということになります。

 

また、足の裏だけではなく、ふくらはぎや大腿部、ひいては臀部などの足の動きにかかわる筋肉も、気を付けなければなりません。

足の裏が痛いということは、少なからず歩行に影響があります。痛いことにより歩行時の姿勢や身体の使い方などのバランスが崩れていることも充分考えられます。

そうなると、足の裏だけではなく膝や股関節、腰なども痛みが出る可能性があります。また、バランスが崩れることにより、足の裏の痛みが増す可能性も考えられます。

そうなるとより複雑な状況になってしまうので、早い段階から下半身をメインとして身体全体を調整していくことが大切になってきます。

 

当院では、痛みの状態や場所などもお聞きしながら、状態に合わせて施術をしていきます。

その際に痛みのある所はもちろん、お身体全体の調整を行っていきますので、余計な痛みの予防にもつながります。

もし、足の裏の痛みでお悩みであれば、一度ご相談してみてください。

 

288410

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

天王町ラクーン整体院

【住所】
〒240-0003
神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町2-42-27
ハマ56ルビ302

【電話番号】
045-744-8076

【営業時間】
10:00~22:00(最終受付21:00)
※水曜日は17:00(最終受付16:00)

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP