自律神経と体の痛み

天王町ラクーン整体院

045-744-8076

〒240-0003 神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町2-42-27 ハマ56ルビ302

10:00~22:00(最終受付21:00) ※水曜日は17:00(最終受付16:00) 定休日 / 日曜日

lv

自律神経と体の痛み

スタッフブログ

2019/10/17 自律神経と体の痛み

皆さんこんにちは。

 

先日の台風の被害がまだまだ多く残っていますが、早期

 

の復旧をお祈り申し上げます。また、被害に遭われた方

 

やお亡くなりになられた方に、お悔やみ申し上げます。

 

 

今日は自律神経と体の痛みのお話です。

 

自律神経は周りの環境に合わせて体の状態を整える役目

 

があります。

 

例えば、気温が高ければ汗をかいたり、逆に寒いときに

 

は手足の血流を抑え、体温の放散を防いだりします。

 

この様に自律神経は様々な場面で身体の調整を行ってい

 

ます。

 

さて、この自律神経と痛みがどう関係するのかという話

 

なのですが、自律神経の「交感神経」が活発になること

 

により、血管は収縮し抹消の血流は抑制されます。それ

 

により筋肉内に発痛物質が作られることにより、痛みを

 

感じることになります。

 

また、交感神経が活発になると、筋肉は緊張しやすくな

 

りますので、慢性的な肩こりや腰痛をお持ちの方は、状

 

態が悪くなりやすくなります。血流も抑制されているの

 

で、さらに硬くなり、痛みも感じやすくなります。

 

さて、こうなると一見交感神経が活発にならない方が

 

良いような感じに見えてしまいますが、最初に書いた様

 

に交感神経は同じ自律神経の「副交感神経」と共に身体

 

の調子を整える役目があります。特に、ストレスに対抗

 

するためには交感神経が活発にならないとストレスに

 

対抗することができません。

 

大切なのは交感神経と副交感神経のバランスを保つこと

 

です。

 

自律神経は過度なストレスや生活習慣の乱れなどにより

 

バランスを崩しやすくなります。

 

規則正しい生活を送り、ストレスをため込まないように

 

すれば、自律神経は乱れることはありません。

 

とはいえ、そんなことはほぼ無理なので整える為に少し

 

役に立つ方法としては、呼吸法があります。

 

息を吸う時間に対して吐く時間を倍にします。

 

息をゆっくり吐くことにより副交感神経が優位になりや

 

すくなります。現代社会の生活スタイルだと、交感神経

 

が優位になりやすくなっているので、副交感神経を優位

 

にしやすくすることにより、交感神経を少し落ち着かせ

 

てあげることで整えやすくします。

 

 

当院ではお客様の身体を改善することにより、痛みによ

 

るストレスを取りのぞいてまいります。

 

お身体の痛み等でお悩みの方は、一度ご相談ください。

 

では、今日はこの辺で。

 

288410

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

天王町ラクーン整体院

【住所】
〒240-0003
神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町2-42-27
ハマ56ルビ302

【電話番号】
045-744-8076

【営業時間】
10:00~22:00(最終受付21:00)
※水曜日は17:00(最終受付16:00)

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP